センコー/高速バスと東名阪間の貨客混載を開始

2021年04月12日 

センコーと、WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)は4月12日、この4月からウィラーエクスプレスが運行する高速バスの荷物スペースを使って、小ロットの荷物を低コストで運ぶ東名阪の「貨客混載」幹線輸送を開始したと発表した。

<バスの荷物収納部分>
20210412senko1 520x390 - センコー/高速バスと東名阪間の貨客混載を開始

<東京駅前を走るピンクのバス>
20210412senko2 520x346 - センコー/高速バスと東名阪間の貨客混載を開始

<駐車中のウィラーエクスプレスのバス>
20210412senko3 520x390 - センコー/高速バスと東名阪間の貨客混載を開始

ウィラーエクスプレスは、229台のピンクのバスを保有し、全国主要都市を20路線・297 便/日で結び、年間約300万人を超える顧客が利用する国内トップクラスの高速バス会社(数字は2019 年末のもの)。

今回開始する貨客混載に使用する便は、東京(江東区)~大阪(堺市)、東京(江東区)~名古屋(港区)、名古屋(港区)~大阪(堺市)を結ぶ3路線、約50便/日(現在コロナ禍で減便中)。

運べる荷物は、1件350㎏未満で、バスの出発地までの集荷と、到着後の配送はセンコーが集配手配を行う。バスの荷物スペースを有効活用することで、例えば東京~大阪の場合、1件 1万8000円~4万3000円(発着地からの集配距離により変動)と、トラックに比べ低価格で利用できる。

今後、サービス開始後の状況も踏まえながら、ウィラーエクスプレスが持つ高速バスネットワークをさらに活用し、顧客の希望時間帯・輸送量へ柔軟に対応する小ロット荷物のスピード輸送サービスとして、充実を図る考えだ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集