太陽HD/子会社の太陽ファルマテックが物流センターを譲受

2021年04月16日 

太陽ホールディングスは4月16日、子会社である太陽ファルマテックと第一三共及び同子会社である第一三共プロファーマとの間において、第一三共及び第一三共プロファーマが所有する大阪物流センターの譲受に関する契約を締結したと発表した。

土地は第一三共より、それ以外の資産は第一三共プロファーマより譲り受ける予定だ。

同社グループは、ソルダーレジストを中心とした電子機器用部材事業に加えて、医療・医薬品事業を第2の柱となる事業に成長させるべく、様々な取り組みを行っている。2017年8月には医薬品製造販売
業を行う子会社の太陽ファルマを設立し医療・医薬品事業へ参入を果たし、2019年10月には第一三共プロファーマより会社分割により太陽ファルマテック高槻工場を承継し、医薬品製造受託業を行っている。太陽ファルマテック高槻工場は1933年から操業を開始し、GMP 基準に適合した高度な製造及び品質管理体制のもと、固形製剤及び注射剤を生産してきた。

現在、太陽ファルマテックでは従来どおり既存の顧客に対する安定供給だけでなく、高槻工場の高い技術力と生産能力を有効活用することにより、国内外の新規のお客様に対する受託案件の獲得を推進している。

今後、将来的な受注生産の拡大を見据え、物流インフラ基盤のより一層の強化並びに更なる製造場所の確保を目的とし、このほど同社工場敷地に隣接する第一三共プロファーマの大阪物流センターを譲り受けることにしたもの。当該物流センターを有効活用することにより、国内外の製薬企業様への安定供給のニーズに応えていくとしている。

■概要
名称:大阪物流センターの概要
所在地:大阪府高槻市明田町 4 番 38 号
敷地面積:1万3281m2
資産概要:土地、立体自動倉庫、平倉庫、その他資産

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集