豊田自動織機/物流自動化統合制御システム開発の新会社設立

2021年04月20日 

豊田自動織機は4月20日、自動運転フォークリフト(AGF)、無人搬送車(AGV)、自律移動搬送ロボット(AMR)等の自動物流車両・機器を統合制御するシステムの開発を行う新会社「T-Hive. B. V.」をオランダに設立したと発表した。

新会社では、自動物流車両・機器の効率的な運用に必要な、車両・機器ごとの位置情報、移動、作業速度等を考慮したタスクの割りつけ、最適ルート生成等について、数十~数百台規模で制御可能なシステムの開発に取り組む。

従来、豊田自動織機グループでは、地域や顧客ごとに各社がそれぞれ制御システムを開発してきたが、今後は各社が蓄積してきた現場オペレーションのノウハウや制御ソフトウェアを新会社に持ち寄り、多様なオペレーション・車両タイプにグローバルで適応する、汎用性の高い高効率なシステムを開発。加えて、新会社を核としたグローバル開発体制を構築し、開発人材の不足にも対応していく。

<(参考)豊田自動織機の北米向け新型自動物流車両>
20210420toyota 520x346 - 豊田自動織機/物流自動化統合制御システム開発の新会社設立

■T-Hive B.V. (ティーハイブ)会社概要
設立:2021年4月1日
所在地:オランダ ヘルダーラント州 エーデ
資本金:500万ユーロ
事業内容:物流自動化ソリューションの企画、自動物流車両・機器の統合制御システム開発と販売
URL:https://www.t-hive.io/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集