日本郵船/洋上風力発電向け作業員輸送船で秋田曳船と協業

2021年04月26日 

日本郵船は4月26日、秋田県で唯一の曳船業社である秋田曳船と、秋田県沖一般海域を中心とした洋上風力発電向けの作業員輸送船(CTV)事業での協業を検討する覚書を締結したと発表した。

CTVは、洋上風力発電の設置並びに運用時に、洋上の作業現場設備と陸上拠点の間を移動する作業員を運ぶ重要な役割を果たす。

秋田県沖では現在、再エネ海域利用法に基づき「秋田県能代市、三種町及び男鹿市沖」及び「秋田県由利本荘市沖(北側・南側)」が促進地域に選定され洋上風力発電事業者公募が行われており、今後も複数海域での開発が見込まれている。

今後、同社グループは、スウェーデンのNorthern Offshore Groupとの協業で得たCTVに関する知見と、秋田での30年以上にわたる船舶運航経験・船員育成に基づく秋田曳船のノウハウ・ネットワークを活用し、CTVの所有及び船舶管理の事業化を検討していく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集