商船三井/新会社設立、越境ECでアフリカへ中古農機輸出事業開始

2021年04月27日 

商船三井は4月27日、唐沢農機サービスと業務提携し、100%出資の子会社「KiliMOL(キリモル)を5月に設立して、インターネットで商品を国際的に販売するWebサイト「越境ECサイト」を活用したアフリカへの中古農機輸出事業を開始すると発表した。

商船三井では、今後、アフリカをはじめとする開発途上国で経済発展に伴う農業の機械化が進み、中古農機の需要も増加すると考え、新会社を設立して事業を開始することにしたもの。

<木更津港にて農機がMARGUERITE ACEに積み込まれる様子>
20210427mol1 - 商船三井/新会社設立、越境ECでアフリカへ中古農機輸出事業開始

事業開始に先立ち、唐沢農機と事業の共同検討の覚書を20年9月に締結。第一弾として、農業が盛んで小農が多く、経済成長著しい東アフリカのケニアをターゲットにして、1月に唐沢農機サービスが運営する農機具流通支援サービス「ノウキナビ」から中古農機5台を調達し、自社が運航する自動車専用船「MARGUERITE ACE」で、神戸港と木更津港からケニアのモンバサ港へ輸送した。

<ケニアでのデモンストレーションにてトラクター3台で耕作する様子>
20210427mol2 - 商船三井/新会社設立、越境ECでアフリカへ中古農機輸出事業開始

3月にはナイロビ近郊のムエア周辺地域で、現地の農地に日本の農機が適合するかなどの実地検証を実施。

<ケニアでのデモンストレーションにてコンバインで稲刈りする様子>
20210427mol3 - 商船三井/新会社設立、越境ECでアフリカへ中古農機輸出事業開始

その結果、現地の農家と農機オーナーへのデモンストレーションで日本の小型中古農機の有効性が確認でき、現地の人からは農機の機能で高い評価を得られた。そこでアフリカをターゲットに中古農機輸出事業を始めることにした。

<「KiliMOL」のロゴマーク>
20210427mol4 - 商船三井/新会社設立、越境ECでアフリカへ中古農機輸出事業開始

事業は、新たに設立する子会社の「KiliMOL」で代表を務める大山幹雄氏が商船三井グループの社員提案制度「MOL Incubation Bridge」で発案し実現。そのため、KiliMOLが中心となり行う。

「MOL Incubation Bridge」は、商船三井の社員が自らの能力を発揮し、主体的にチャレンジできる場の提供と既存の枠にとらわれない事業やサービスのアイデアの受け皿を目的に、2019年9月から導入された制度。大山氏は、制度1年目に応募して採用され、20年4月から専任で検証を行い事業化にこぎつけた。

商船三井では、自社の高品質で安全・安心な輸送サービスと唐沢農機の持つ高品質な中古農機の調達力を組み合わせて事業を展開。同時にECサイト事業に進出することで、ロジスティクス事業領域を広げるとともに、アフリカ・ケニア拠点での活動を強化し、アフリカで中古農機輸出事業にとどまらないビジネスの拡大を目指すとしている。

■KiliMOLの概要
本社所在地:東京都港区虎ノ門2-1-1
設立時期:2021年5月
株主:商船三井100%出資
資本金:5000万円
事業内容:越境ECサイトを活用した農機の販売・輸送事業

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集