トランコム/3月期の売上高6.8%減、営業利益9.0%増

2021年04月27日 
関連キーワード:

トランコムが4月27日に発表した2021年3月期決算によると、売上高1522億8500万円(前年同期比6.8%減)、営業利益82億4300万円(9.0%増)、経常利益84億100万円(13.3%増)、親会社に帰属する当期純利益57億3000万円(16.7%増)となった。

セグメントごとの業績は、ロジスティクスマネジメント事業が売上高553億2200万円(0.5%増)、営業利益45億9800万円(26.3%増)。物流情報サービス事業が売上高809億4600万円(12.4%減)、営業利益31億7200万円(3.0%減)。インダストリアルサポート事業が売上高58億8000万円(19.5%減)、営業利益1億8500万円(19.6%減)。

ロジスティクスマネジメント事業では、前期~今期にかけての拠点新設に加え、既存拠点での生産性向上や、個人宅配部門の物量増加によって増収増益となった。

物流情報サービス事業では、国内総貨物量が大幅に減少したことで貨物輸送需要が減衰。前年比で貨物情報数が26.9%減、空車情報数が16.4%増、成約件数が10.1%減となり、減収減益となった。

インダストリアルサポート事業では、コロナ禍の影響に伴う顧客の生産減や工場閉鎖等の影響を大きく受け、減収減益となった。

次期は、売上高1634億7000万円(7.3%増)、営業利益82億5000万円(0.1%増)、経常利益82億8000万円(1.4%減)、親会社に帰属する当期純利益54億7000万円(4.5%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集