SBSリコーロジ/愛知県一宮市に5.28万m2の物流施設開発

2021年05月13日 

SBSリコーロジスティクスは5月13日、「物流センター一宮(仮称)」を 2023年4月にオープンさせると発表した。

<物流センター一宮(仮称)完成予想図>
20210513sbsricoh 520x260 - SBSリコーロジ/愛知県一宮市に5.28万m2の物流施設開発

物流センター一宮は、名神高速道路 一宮ICからわずか4kmに位置し、地域物流のみならず、東日本、西日本の物流を繋ぐ。構造は、ワンフロア 4000坪の4階建て、約1万6000坪(5万2800m2)。ランプウェイを有し、荷受、保管・荷役、出荷の全てを、ワンフロアでオペレーションが可能。

また、太陽光発電、電気自動車充電設備の設置を計画。加えて、SBSリコーロジスティクスグループでは初めて人感センサー付き倉庫内照明を採用し、効率的なエネルギー循環と省エネを通じた地球環境に優しい施設を目指していく。

なお、SBSグループは物流施設の増床を積極的に進めており、現在の使用面積70万坪から100万坪まで増床する計画。物流センター一宮は、SBSグループが中部エリアで初めて開発する自社センターとなる。

■概要
名称:物流センター一宮(仮称)
住所:愛知県一宮市千秋町小山字東仲田27番他
構造:地上4階、耐震構造(倉庫棟 4F:鉄骨、倉庫棟 1~3F:FSRPC 造)
使用面積:倉庫:1665.588坪/事務所:765.11坪
梁下有効高(倉庫天井高):5.5m
床荷重:1.5t/m2
トラックバース:各フロア 約20台(10t車)
物流センター一宮(仮称)特設ページ
https://www.sbs-ricohlogistics.co.jp/rlsc/center-ichinomiya/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集