LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JR貨物/4月のコンテナ貨物輸送量1.4%増、車扱7.6%減

2021年05月19日/調査・統計

日本貨物鉄道(JR貨物)が5月19日に発表した4月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は168万2000トン(前年同月比1.4%増)、車扱が59万トン(7.6%減)となった。

コンテナ・車扱の合計は、227万2000トン(1.1%減)。

コンテナは、昨年が新型コロナウイルス感染症に伴う影響を大きく受けたため、積合せ貨物、自動車部品、他工業品を中心に前年を上回った。

積合せ貨物がEC需要の拡大や3月のブロックトレイン運転開始等により好調となったほか、自動車部品は昨年の自動車生産調整の反動等で前年を上回った。また、他工業品は積合せ貨物や自動車部品輸送用の積付用品が反動増となったほか、エコ関連物資は、建設発生土や焼却灰が堅調に推移した。

一方、農産品・青果物は、外食産業向け民間流通米の販売不振、九州地区の玉葱作柄不良等により大幅減となったほか、紙・パルプは 2月に発生した福島県沖地震の影響もあり前年を下回った。

車扱は、4月の気温が高く推移(関東甲信地方:昨年+1.8℃)したことで灯油が発送減となったほか、セメントが低調であった。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース