川崎汽船/グループ環境アワード表彰、最優秀賞に日東物流

2021年06月09日 

川崎汽船は6月4日、「“K”Line Group 環境アワード2021」表彰式をオンライン形式で開催した。

<授賞式>
20210609kline 520x365 - 川崎汽船/グループ環境アワード表彰、最優秀賞に日東物流

同アワードは、「“K”LINE 環境ビジョン2050」で定めた方向性のもと、川崎汽船グループで働く役職員が取り組む優れた環境保全貢献活動を表彰するもの。国内外のグループ会社から応募があった取り組みに対し、「独創性」「難易度」「環境貢献度」「継続性」「波及性」等の観点で選定された各賞が明珍社長により表彰された。

<最優秀賞受賞者との記念撮影(オンライン)>
20210609kline2 520x377 - 川崎汽船/グループ環境アワード表彰、最優秀賞に日東物流

最優秀賞は、日東物流による「シュリンクフィルムのリサイクルによるコスト・産廃廃棄量・CO2 排出量削減の取組み」が受賞。

同社は、CFS倉庫で貨物の荷崩れ防止用に使用していたシュリンクフィルムをリサイクル可能にしたことで、2020年度のプラスチック系産業廃棄物の排出回数を3回(2019年度は4~12月の期間で7回排出)に抑制した。

<受賞者によるオンラインでのプレゼンテーション>
20210609kline1 520x265 - 川崎汽船/グループ環境アワード表彰、最優秀賞に日東物流

そのほか、優秀賞には、Prixcar Services Australiaの「ECO DRIVING TRAINING PROGRAM(環境に優しく燃料消費を抑えるキャリアカーの運転方法の訓練)」と、”K” Line (China)の「環境レポートの発行、及び社会環境保全活動への参加による社員の環境保全意識の向上」、川崎汽船 先進技術グループ 燃費・性能管理チームの「省エネステッカー配布による乗組員の省エネ意識向上」の3件が、功労賞にはシーゲートコーポレーションが選ばれた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集