中国日通/上海生生物流と医薬品物流で業務提携覚書締結

2021年06月25日 

日通国際物流(中国)(中国日通)は6月25日、生物(バイオ)系医薬品の輸送を中心に展開する中国の物流企業である上海生生物流と5月27日に業務提携の覚書を締結したと発表した。

<生生物流の鞠董事長(右)と杉山常務執行役員>
20210625nittsu1 520x390 - 中国日通/上海生生物流と医薬品物流で業務提携覚書締結

<保冷容器>
20210625nittsu2 520x390 - 中国日通/上海生生物流と医薬品物流で業務提携覚書締結

この業務提携を通じて、中国日通の中国国外のグローバルネットワークを活かした医薬品物流サービスと生生物流の中国国内の輸送ネットワークならびに保冷・定温の梱包技術を組み合わせることにより、複数温度帯の海上混載輸送サービスやコールドチェーン一貫輸送サービス等を開発し、顧客のニーズに合わせたサービスを提供していく。

生生物流は、中国での生物系医薬品、生物サンプル、治験薬などの国内温度管理保管・輸送を提供する生物系医薬品分野でトップクラスの物流企業。中国全土に自社輸送拠点を構えており、中国国内の医薬品流通市場において、エンドtoエンドで高度な温度管理輸送サービスを提供している。

また、傘下に保冷容器の製造および開発を行う会社を有しており、世界の大手メーカーに資材供給も行っている。

中国日通は、同国での医薬品物流への取り組みを強化するにあたり、中国の医薬品の供給と品質管理に関する基準であるGSP(Good Supplying Practice)規則があり、外資系企業が参入できない医薬品物流の業務領域をカバーするために同社との業務提携を検討していたもの。

同社では今後も同国での医薬品物流サービスを拡充するとともに、経営計画において重点産業と位置付ける医薬品産業の国内外での取り組みを強化していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集