セブン&アイ/横浜市都筑区にネットスーパーの大型配送拠点

2021年07月02日 

セブン&アイ・ホールディングスは7月2日、横浜市都筑区にグループのラストワンマイル施策の一環として「イトーヨーカドーネットスーパー新横浜センター(仮)」を2023年春に開設すると発表した。

<新物流センターが入居する大和ハウス工業の物流施設>
202107027i 520x260 - セブン&アイ/横浜市都筑区にネットスーパーの大型配送拠点

同センターは、イトーヨーカ堂が運営する「イトーヨーカドーネットスーパー」の新たな拠点として、近隣のイトーヨーカドー約30店舗の配送エリアにくわえ、同センターから約30km圏内を配送エリアとする。

建物は、大和ハウス工業が建設中のマルチテナント型物流施設「DPL新横浜I」のうち、1~3階の3万6456m2を賃借する。

「イトーヨーカドーネットスーパー」は2001年にサービスを開始。社会環境の変化に合わせて年々ニーズが高まっており、今後もニューノーマルにおいてニーズの拡大が見込まれるため、センターの大型化によって拡大する顧客ニーズに対応する。

また、センターの大型化に加え、今後は商品のセブンーイレブンでの留め置きや受け取りロッカーの設置拡大による受け取り拠点の多様化についても試行し、さらなる利便性向上を図っていくとしている。

■イトーヨーカドーネットスーパー 新横浜センター(仮)概要
所在地:横浜市都筑区南耕作地(建物の1~3階を賃貸契約)
運営会社:イトーヨーカ堂
賃貸人:大和ハウス港北特定目的会社(大和ハウス工業出資)
賃貸面積:3万6456m2
稼働開始:2023年春(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集