エーアイテイー/3~5月の売上高22.1%増、営業利益71.8%増

2021年07月13日 
関連キーワード:

エーアイテイーが7月13日に発表した2022年2月期第1四半期決算によると、売上高135億1500万円(前年同期比22.1%増)、営業利益7億4100万円(71.8%増)、経常利益8億2100万円(61.1%増)、親会社に帰属する当期利益5億1700万円(49.4%増)となった。

中国や東南アジアから日本への輸入海上輸送の貨物集荷に加え、通関や配送、検品・検針・加工業務といった輸出入の付帯業務の受注獲得に向けて、精力的に営業活動を展開してきた。第1四半期連結累計期間では、前連結会計年度同様にコロナ禍の中でアパレル関連製品の取扱いは低調だったが、巣ごもり消費の拡大から生活雑貨や家電製品等の取扱いは堅調な推移となった。

セグメント別では、日本の売上高は114億4000万円(25.3%増)と前年同期を上回り、営業利益は、売上総利益が大幅に増加したことに加え、人件費や営業活動での費用の圧縮に努めたこと等で6億5900万円(88.1%増)となった。

中国の売上高は18億5800万円(12.0%増)、営業利益は7600万円(27.5%増)となった。

通期は、売上高530億円(15.7%増)、営業利益28億3000万円(22.8%増)、経常利益30億5000万円(19.8%増)、親会社に帰属する当期利益20億4000万円(17.8%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集