NEXCO西日本/高松自動車道で橋梁点検中のUAVが本線路面に着地

2021年07月30日 

NEXCO西日本は7月29日、高松自動車道津田寒川IC~志度IC間(下り線)末高架橋で無人航空機(UAV)を用いた橋梁点検中に無人航空機(UAV)本体が何らかの理由により、本線路面へ着地する事象が発生したと発表した。

<状況写真>
20210730nexcow 520x245 - NEXCO西日本/高松自動車道で橋梁点検中のUAVが本線路面に着地

発生日時は7月29日、午後3時30分ごろ。

現在のところ通行車両への影響はなく、被害も生じていない。

発生時の状況は末高架橋にて無人航空機(UAV)を用いた橋梁下部(床版下面)の点検中に、無人航空機(UAV)本体が何らかの理由により、本線走行車線の路面上へ着地する事象が発生したもの。原因は調査中とのことだ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集