Hacobu/動態管理サービスにトラックCO2排出削減の新機能

2021年07月30日 
関連キーワード:

Hacobuは7月30日、動態管理サービス「MOVO Fleet(ムーボ・フリート)」に、トラックのCO2排出削減に寄与する2つの新機能を追加したと発表した。

<CO2排出量の可視化>
20210730hacobu1 520x346 - Hacobu/動態管理サービスにトラックCO2排出削減の新機能

1つ目の新機能「CO2排出量の可視化」では、車両ごとのCO2排出量の目安を算出し、MOVO Fleetの画面に表示する。

CO2排出量は経済産業省、国土交通省が作成した「ロジスティクス分野におけるCO2排出量算定方法共同ガイドラインVer. 3.1」の燃費法に基づいて算出。また、CO2排出量の目安はデータとしても蓄積され、日報への反映や実績集計が可能になる。

<自動停留検知>
20210730hacobu2 520x326 - Hacobu/動態管理サービスにトラックCO2排出削減の新機能

20210730hacobu3 520x331 - Hacobu/動態管理サービスにトラックCO2排出削減の新機能

2つ目の新機能「自動停留検知」は、車両が停留している場所と時間を自動で検知するもの。停留地点を把握しルートの見直しに活用することで、走行距離の低減につなげることができる。停留場所と時間は、MOVO Fleetの走行履歴画面で確認できる。

「MOVO Fleet」は、Logistics Cloud MOVO(ムーボ)のアプリケーションの1つ。車両管理の効率化で、荷主と運送会社双方のコスト削減を支援する物流業界に特化したテレマティクスサービス。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集