日通/国内複合一貫輸送サービス「Sea&Rail九州ルート」開始

2021年08月03日 

日本通運は8月3日、国内複合一貫輸送サービスを拡充し、新たに「Sea&Rail 九州ルート」を8月2日から販売開始したと発表した。

<Sea&Railサービス全体図>
20210803nittsu 520x368 - 日通/国内複合一貫輸送サービス「Sea&Rail九州ルート」開始

「Sea&Rail 九州ルート」は、同社所有のRSVコンテナを使用し同社九州航路の海上輸送と鉄道輸送を融合させた国内複合一貫輸送サービス。

従来の「Sea&Rail 北海道ルート」に新たに九州ルートを追加することでサービスエリアが拡大。輸送ルートを複線化し、環境にやさしく安定したサービスを提供する。

このSea&Railは、従来の「Sea&Rail 北海道ルート」に九州ルートが加わり、太平洋側を北海道から九州までつなぐことで、輸送ルートの選択肢が増加したことが大きな特徴。また、脱炭素社会において求められる環境にやさしく安全な輸送サービスで、顧客の ESG 経営に貢献するとしている。

また、2024年労働法制変更に伴う労働力不足や、長距離運行が困難となることに対応した解決策として効果的。異常気象などによる自然災害発生時に、輸送ルートを複線化し輸送障害区間の回避を可能とすることで BCP(事業継続)対策に有効だ。さらに、貨物を積み替えることなく、鉄道⇔海上間の輸送ルートを相互にシフト可能だ。

同社は、今後も物流における環境負荷の軽減を進めるとともに、同社の持つ陸海空の総合力を活かし、新たなサービスの提供により物流から新たな価値を創ることに挑戦していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集