フェデックス/アジア太平洋地域の輸出支援で4フライトを追加

2021年08月03日 

フェデックス エクスプレスは8月3日、アジア太平洋地域を出発地とする大陸間で、4フライトを新たに追加すると発表した。

<フェデックスのボーイング777型機>
20210803fedex 520x346 - フェデックス/アジア太平洋地域の輸出支援で4フライトを追加

これにより太平洋横断航路、アジア内航路、およびヨーロッパ航路で、週次の輸送量が約1400トンとなるとともに、アジア太平洋地域の顧客は行先地域へのアクセスが向上する。このフライトには、関西国際空港のフェデックス 北太平洋地区ハブと、フランスのフェデックス シャルル・ド・ゴールのハブを結ぶ週3回運航のフライトが含まれ、日本の顧客はヨーロッパへのアクセス強化によるメリットが期待できる。

4つの新フライトのうち、まず太平洋を横断する2フライトは、どちらもアジア太平洋地域のハブである中国・広州を出発し、米国・アラスカのアンカレッジを経由する。その後、米国・オークランドへのフライトおよび、米国・インディアナポリスを経て米国・メンフィスに到着し、再びアンカレッジに戻り、韓国・仁川を経由して広州へ戻るフライトをそれぞれ週5回運航する。これにより顧客に中国南部、北アジア、北米間のアクセスの向上と信頼ある輸送量を提供する。

中国・北京とメンフィスのフェデックス ワールドハブを初めて接続する大陸間フライトが3つ目の新フライト。北京を出発後、メンフィスに到着する前に関西国際空港の北太平洋地区ハブとアンカレッジを経由するもので、米国と中国をつなぐフライトが週5回追加運行される。

加えて、ボーイング777型機による中国・広州のフェデックス アジア太平洋地域ハブを出発する週2回のフライトおよび、関西国際空港のフェデックス 北太平洋地区ハブを経由する週3回のフライトの追加は、フェデックスの顧客に、フランスのフェデックスシャルル・ド・ゴールのハブへのさらなるアクセスをもたらす。

フェデックス エクスプレスのカワール・プリット アジア太平洋、中東、アフリカ地域社長は「フェデックスは、顧客の進化するニーズに応えることに注力し、今回のネットワーク強化は顧客とこの地域の復興を支援するという我々の強いコミットメントを改めて示すもの。アジアの輸出需要は、全体としてパンデミック前のレベルに急速に回復している。追加フライトがアクセスをより強化し、顧客は国境を越えた商取引の可能性を最大限に活用できるようになり、アジア全域の経済が回復を続ける中、アジア域内、太平洋横断、アジア-欧州間の貿易の流れが強まる」と述べている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集