LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎重工/米国現地法人が汎用ガソリンエンジン生産工場新設

2021年08月19日/生産

川崎重工業は8月19日、米国現地法人Kawasaki Motors Manufacturing Corp., U.S.A (KMM)が、ミズーリ州ブーンビル市で新たに汎用ガソリンエンジン組立第二工場の設立を決定したと発表した。

<汎用ガソリンエンジン組立第二工場外観完成予想図>
20210819kawasakig 520x337 - 川崎重工/米国現地法人が汎用ガソリンエンジン生産工場新設

KMMは、1989年よりミズーリ州メアリービル市の工場で芝刈機搭載を主用途とする汎用ガソリンエンジンを生産し、米国の主要OEM向けに出荷している。今回の第二工場設立は、近年の需要増加に対応するために生産能力拡大を進めるもので、今後2022年5月の量産開始を目標に設立準備を進めていく。

■ Kawasaki Motors Manufacturing Corp., U.S.A (内、汎用エンジン事業部門)の概要
事業内容:汎用ガソリンエンジンの生産
従業員数:940名(2021年3月末時点)
敷地面積:46万m2

関連記事

生産に関する最新ニュース

最新ニュース