LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/北極海航路に世界最大級の浮体式LNG貯蔵設備

2021年09月02日/物流施設

商船三井は9月2日、ロシア運輸省傘下の国営リース会社であるPublic Joint-Stock Company “State Transport Leasing Company”(GTLK)と、ロシア・カムチャッカおよびムルマンスクでのLNG積替基地案件(プロジェクト)に関し、GTLKが100%出資するFSU(Floating Storage Unit、浮体式LNG貯蔵設備)保有会社に出資参画する方針について基本合意書を締結したと発表した。

<LNG輸送とLNG積替基地の全体像>
20210902mol1 520x406 - 商船三井/北極海航路に世界最大級の浮体式LNG貯蔵設備

<LNG積替作業イメージ図(中央がFSU)>
20210902mol2 520x266 - 商船三井/北極海航路に世界最大級の浮体式LNG貯蔵設備

このFSU保有会社は、JSC NOVATEK (NOVATEK)が主導するLNGプロジェクト向けに、砕氷LNG船から在来型LNG船への積替事業を提供するArctic Transshipment LLC (NOVATEKとTotalEnergies S.E.の合弁会社)との間で裸傭船契約を締結済。

このプロジェクトでは、カムチャッカ半島のベチェビンスカヤ湾とムルマンスクのウラ湾に、世界最大級となる36万m3型の再液化装置付FSUをLNG積替基地として設置する。現在、大宇造船海洋でFSU2隻を建造中であり、完工次第、カムチャッカ、ムルマンスクまで曳航し、設置する計画だ。商船三井はこれまでFSUの基本設計、図面承認、建造監督など、技術・エンジニアリング分野でプロジェクトに関わってきている。

北極海航路を経由し、カムチャッカ及びムルマンスクでLNGの積替えを行うことで、輸送コストや温室効果ガス排出量の削減が期待されるとともに、消費地に近い場所にLNGを保管することで輸送の安定性・定時性を高めるメリットがある。

また、ロシア北極圏産エネルギーへの安定的アクセスを実現することにより、日本へのエネルギー安定供給に寄与することができる。商船三井はロシア北極圏の積出港から積替基地までLNGを輸送する砕氷LNG船、LNGの積替えを行う本プロジェクト、積替基地から揚げ地まで輸送する在来型LNG船の全てに関わり、安定的なLNGの輸送に貢献するとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース