中国・HAI ROBOTICS/日本法人設立、物流ロボットの販売開始

2021年09月14日 

中国・HAI ROBOTICS社は9月14日、日本法人のHAI ROBOTICS JAPAN(HRJ)を8月25日に設立。日本での自動ケースハンドリングロボット(ACR:Autonomous Case-handling Robot)システムの販売と導入支援サービスの提供を開始すると発表した。

<HRJの提供するACR「HAIPICK(ハイピック)」>
20210914hirobo 520x292 - 中国・HAI ROBOTICS/日本法人設立、物流ロボットの販売開始

<多機能ワークステーション>
20210914hirobo1 520x292 - 中国・HAI ROBOTICS/日本法人設立、物流ロボットの販売開始

HRJが提供するACRシステム「HAIPICK(ハイピック)」は、実際の作業を行うロボットと、作業工程を管理するソフトウェアプラットフォーム「HAIQ(ハイキュー)」、多機能ワークステーションなどで構成。商材・部材のピッキング、運搬、仕分けを行うとともに、物流倉庫や工場、製造現場での柔軟性のある自動化を実現する。

HAI ROBOTICSは2016年に設立、2021年3月にはシリーズB+で1億元(約16億8000万円)の資金を調達しており、主力製品であるACR「HAIPICK」を中心に、中国物流大手「SFエクスプレス(順豊速運)」、「京東物流(JD Logistics)」、EC大手アリババ傘下のデジタル工場「迅犀(Xunxi)」、中国国営の電力配送企業「国家電網(State Grid)」、ヘルスケア家電大手フィリップスなどと提携し、2000台以上のロボット導入実績を有し、400件以上の国際特許を取得している。

今回、日本法人を設立することで、少子高齢化に伴う慢性的な人手不足や、コロナ禍における巣ごもり消費拡大などの課題に直面する日本の物流・EC現場や、精緻で柔軟性のあるオペレーションが求められる国内の製造・工場現場に向けて、独自のACRシステムを日本のマーケットに合わせて提供し、スピーディーな現場構築と自動化・DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目指す考え。

<HRJの劉 竑(リュウ コウ)代表取締役>
20210914hirobo2 - 中国・HAI ROBOTICS/日本法人設立、物流ロボットの販売開始

日本法人の劉 竑(リュウ コウ)代表取締役は、「HRJは、日本の顧客のニーズにきめ細やかに対応し、HAI ROBOTICSのソリューションを導入から運用支援まで責任を持ってワンストップ提供するために設立された。設立から間もないが、物流業界を中心に日本のマーケットからの関心は非常に高く、多くの問い合わせや引き合いを受けている。HRJは、『人や社会に新たな価値あるロボットを提供し続ける』というミッションを掲げている。これに基づき、企業価値の向上に努めるとともに、日本国内での物流や生産の自動化に寄与し、社会価値の創出に寄与していきたい」とコメントしている。

■HAI ROBOTICS JAPAN 概要
所在地:埼玉県入間郡三芳町竹間沢東4-6
事業概要:・各種LA(Logistics Automation)、FA(Factory Automation)自動運搬機のトータルソリューションの提案
・自動搬送車(ACR、AGVなどを含む)及び各種周辺設備の開発、販売
設立:2021年8月25日
資本金:1000万円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集