リコーIS/フォークリフト用ステレオカメラを豊田自動織機と開発

2021年10月07日 

リコーインダストリアルソリューションズは10月7日、産業車両業界向けに、フォークリフト用ステレオカメラを豊田自動織機と共同開発したと発表した。

<フォークリフト用ステレオカメラ>
20211007ricoh1 520x354 - リコーIS/フォークリフト用ステレオカメラを豊田自動織機と開発

<フォークリフト装着イメージ>
20211007ricoh2 520x242 - リコーIS/フォークリフト用ステレオカメラを豊田自動織機と開発

新開発のフォークリフト用ステレオカメラを搭載した「SEnS」は、検知エリア内の障害物の中から人を見分けて、通知ブザーと通知ランプでオペレーターに接近を知らせる安全運転支援システムとして、2021年5月から豊田自動織機が全国 40 社のトヨタ L&F 取扱店を通じて販売。

2021年8月には新たに車両と連動し、走行速度や発進を制御する機能が加わり、後方作業者検知運転支援システム「SEnS+ (センスプラス)」が発売となった。

製品は、広角化技術により水平角 130°という広範囲の検知を実現しており、さらに 3 次元をベースとした認識技術により、従来の作業者にタグを携帯させ検知する方式とは異なり、不特定多数の人に対してタグ携帯なしでの検知が可能になっている。また、厳しい使用環境にあるフォークリフトの現場においても動作可能な IP67 という高い耐環境性能を有している。

さらに、画像処理・電源機能をカメラ内に実装することで小型化、ワンパッケージ化を実現し、取り付けや運用も容易になり、現場で稼働している既販のフォークリフトへの装着も可能。

フォークリフト用ステレオカメラの開発は、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の「#3:すべての人に健康と福祉を」および「#11:住み続けられるまちづくりを」の推進支援を念頭に置いたもので、様々な障害物を検知・回避するための光学技術や視差演算技術などを活用し、オペレーターならびに周辺環境の安全性向上への寄与を狙いとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集