SBSリコーロジ/横浜市金沢区に最先端物流DXで大型3PL拠点開所

2021年10月26日 

SBSリコーロジスティクスは10月26日、神奈川県横浜市金沢区に「物流センター横浜金沢」を開所したと発表した。

<物流センター横浜金沢外観>
20211026sbs1 520x347 - SBSリコーロジ/横浜市金沢区に最先端物流DXで大型3PL拠点開所

<建物をバックに大塚商会、SBSリコーロジ、SBSロジコムの社名>
20211026sbs2 520x347 - SBSリコーロジ/横浜市金沢区に最先端物流DXで大型3PL拠点開所

<2基導入のオートストア>
20211026sbs3 520x347 - SBSリコーロジ/横浜市金沢区に最先端物流DXで大型3PL拠点開所

<自動ラベル貼りのコーナー>
20211026sbs4 520x347 - SBSリコーロジ/横浜市金沢区に最先端物流DXで大型3PL拠点開所

<開所式でのテープカット>
20211026sbs5 520x347 - SBSリコーロジ/横浜市金沢区に最先端物流DXで大型3PL拠点開所

この施設は、大塚商会のオフィスサプライ通販事業「たのめーる」の3PL業務を中心に、SBSリコーロジの関東エリアにおける物量伸長に対応するために新設したもの。

施設建設はSBSロジコムが手掛け、SBSグループ間シナジーを活かしたプロジェクトとして約2年をかけて取り組んできた。

開発コンセプトは「自動化・省人化・省スペース化」。同社の強みであるLT(Logistics Technology)と IT(Information Technology)を駆使し、最新・最先端のシステムやマテハン設備を設計・開発した。従来の保管機器と比較して3倍以上の収納力を持つロボットストレージシステム「オートストア」を2基採用するほか、デジタルピッキングシステムの拡充、自動梱包機、シャトルラックなど自動化設備を随所に取り入れている。また、AI・ビッグデータを活用したサポートシステムとの融合により、自動化・省人化の追求と保管効率の向上を実現する。

この施設は免震構造を採用し、非常用自家発電装置とネットワークとシステムの二重化など最新のBCP機能を完備。また、全館にLED照明および自家消費型太陽光発電装置(2022年1月完成予定)を設置した。有事に強く作業する方に優しい、安心・安全かつ環境に配慮した物流の実現を図っている。

SBSリコーロジスティクスグループは、この施設を代表とする最新のシステム・マテハン設備とセンター運営力を的確に組み合わせることで高品質かつローコストオペレーションを実現し、今後も更なる顧客サービスレベルの向上につなげていくとしている。

■概要
名称:物流センター横浜金沢
住所:神奈川県横浜市金沢区幸浦 1-3-3
構造:地上4階/耐火建造物/RC+S造/免震構造
敷地面積:2万6612m2(8050 坪)
延床面積:5万3828m2(1万6283 坪)
梁下有効高(倉庫天井高): 5.5m
床荷重:1.5t/m2
トラックバース:大型車両 37 車 着車可能
搬送設備:貨物用 EV(5.1t):4 基、垂直搬送機:4 基

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集