日本GLP/神奈川県相模原市に10万m2の物流施設竣工

2021年10月26日 

日本GLPは10月26日、神奈川県相模原市で延床面積10万1602.70m2の先進的物流施設「GLP ALFALINK相模原3」を竣工したと発表した。

<「GLP ALFALINK相模原3」外観>
20211026glp 520x293 - 日本GLP/神奈川県相模原市に10万m2の物流施設竣工

「GLP ALFALINK相模原3」は、延床面積約67万m2を有する大規模多機能型物流施設開発プロジェクト「GLP ALFALINK相模原」の2棟目の完成となる。「GLP ALFALINK相模原3」は、これまでにも日本GLPの施設を利用しているリピートカスタマーが入居し、専用施設として一棟全体を利用する。

「ALFALINK」では、「創造連鎖する物流プラットフォーム」をコンセプトとして、従来の物流施設での効率化・最適化を超えた、これまでにない価値や事業を創造していく拠点となる施設づくりを目指している。「Open Hub」(物流をもっとオープンに)、「Integrated Chain」(サプライチェーンをつなぐ)、「Shared Solution」(ビジネスの進化をサポート)をキーワードとし、このコンセプトに基づいた様々な設備、サービスを提供している。

施設面の特徴として、1階の天井高を標準よりも高くし、自動化・省人化をはじめとした最新のテクノロジーを利用した庫内作業にも対応できる仕様となっている。また、両面バースを備え、物流業務の効率化をサポートする。加えて、施設全体に空調設備と大型シーリングファンを設置することで、就労環境の快適性を向上する。

建物外観は、明るく清潔感のある白色を基調としており、「GLP ALFALINK相模原」内の施設にも共通して採用しているカラーでもある。また、免震構造を採用し、企業の事業継続性を確保するほか、環境面では太陽光発電を設置する予定で、再生エネルギーの利用を推進する。

「GLP ALFALINK相模原3」は、当初の計画よりも早い段階で入居が決定し、2年以上計画を繰り上げて、BTS型の物流施設として建設を進めてきた。入居予定企業からは、立地の優位性とプロジェクト全体で約30万m2という「GLP ALFALINK 相模原」の広大な敷地メリットを生かし、入居企業のニーズを柔軟に設計へ組み込んだ点が評価された。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「今年8月に完成した『GLP ALFALINK相模原1』と共用棟である『リング』に続いて、このたび『GLP ALFALINK 相模原3』が無事竣工を迎えることができ、大変喜ばしく思う。日本GLPをすでに利用されているリピートカスタマーに専用施設としての利用を早期に決定頂いたのも、『ALFALINK』における日本GLPの高品質な仕様やサービス、提案力、そして今まで培ってきた信頼関係の賜物と自負している。日本GLPは引き続き、地域との共生を通して豊かな生活を提供し、入居カスタマーの継続的なビジネス成長の一助となるようサポートしていく」と述べている。

■施設概要
施設名:「GLP ALFALINK 相模原3」
所在地:神奈川県相模原市中央区田名字白雨台3532-10
敷地面積:約4万9831.00m2
延床面積:約10万1602.70m2
構造:地上4階/PC免震
着工:2020年7月
竣工:2021年10月
認証取得:LEEDゴールド(予定)、ZEB認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集