LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

小田急不動産/中部初の不動産開発は物流施設、2022年8月竣工

2021年11月04日/物流施設

小田急不動産は11月4日、愛知県一宮市で物流施設の開発に着手したと発表した。

<完成予想図>
20211104odakyu 520x251 - 小田急不動産/中部初の不動産開発は物流施設、2022年8月竣工

開発する物流施設は敷地面積1万3246m2、地上4階建て延床面積2万6967m2のボックス型ドライ倉庫を計画しており、2022年8月の竣工を予定している。物流施設に限らず、同社が中部エリアで不動産開発に取り組むのは今回が初めて。

建設地は、名神高速道路「一宮IC」から5.8km、名古屋高速16号一宮線「一宮中IC」から2.5kmと、名古屋市等の消費地への配送や中部エリアの広域配送のほか、関東と関西をつなぐ中継拠点としても需要の高いエリアで、労働者確保の観点からも高い優位性を持つ。

開発する施設では、敷地の一部を歩道状空地として開放するほか、トラックバース側には遮音壁を備えるなど、周辺環境にも配慮する計画。

■物件概要
所在地:愛知県一宮市貴船町3-7 外(地番)
交通:名神高速道路「一宮IC」5.8km、名古屋高速16号一宮線「一宮中IC」2.5km
用途:倉庫業を営む倉庫
規模・構造:鉄骨造4階建
敷地面積:1万3246.81m2
延床面積:2万6967.97m2
耐床荷重:1.5トン/m2
柱スパン:10m×11m
梁下有効高:5.5m(倉庫部分)
トラックバース:22台分(高床式)
トラック待機場:8台分
駐車場:普通車用78台分、軽自動車用3台分
設計・施工:矢野建設
建物監修:さくらマネジメント

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース