センコーGHD/中四国エリアで、クリーニング大手企業グループ化

2021年11月09日 

センコーグループホールディングスは11月9日、中四国エリアで衣服のクリーニング事業を展開する、ダイヤクリーニングの全株式を取得し、11月9日にグループ化したと発表した。

ダイヤクリーニングは、クリーニング業界で売上10位前後、岡山県を中心に中四国エリア、兵庫県西部に合計約200店舗を展開、高い技術力と高品質なサービスで地域に密着した強い事業基盤と高収益体質を築いてきた。共働き世帯の増加や布団など大物を一気に洗える大型機の普及などで人気が高まるコインランドリー事業では、西日本最大級の規模を誇り、約100店舗を展開している。クリーニングとコインランドリーの併設店も多く、さらにコンビニ、大型ショッピングモールや薬局に併設するハイブリッド型の出店も行っている。

センコーグループは、今後クリーニング業界で成長ポテンシャルがある、ダイヤクリーニングのグループ化により、さらに人々の生活を支援する事業領域を拡大する。

また、ライフサポート事業各社やセンコーグループ各社などとの連携で新商品の開発などを行い、古着の回収やリサイクルなどの社会貢献事業なども検討、展開していくとしている。

■ダイヤクリーニングの概要
本社所在地:岡山県倉敷市中島2636-3
資本金:3000万円
設立:1967年3月20日
事業内容:クリーニング事業、コインランドリー事業
店舗数:クリーニング店 194店舗、工場 9か所、コインランドリー 106店舗(2021年9月時点)
従業員数:328名(2021年9月時点)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集