LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ラサール/旗艦ファンドが東京圏の大型物流施設など取得

2021年11月16日/SCM・経営

ラサール不動産投資顧問は11月16日、米国ラサール インベストメント マネージメントが旗艦ファンドであるオープンエンド型私募コアファンド「ラサール・ジャパン・プロパティ・ファンド(LJPF)」の出資募集を通じて、330億円の出資コミットメントを獲得したと発表した。

また、11月16日付でコミットメントの一部を使用し、東京圏の大型物流施設1件と、大阪・名古屋圏の賃貸住宅7件を合計170億円で取得。これにより、同ファンドの運用資産規模は1650億円、ポートフォリオは計24物件に達した。

LJPFは、日本の不動産を投資対象としたオープンエンド型の私募コアファンドで、国内外投資家の幅広い不動産投資ニーズに応えるため、ラサールのプロダクトラインナップを拡充する一環として、2019年11月に1000億円の資産をシードポートフォリオとして運用を開始。主に4大都市圏(東京、大阪、名古屋、福岡)に所在する主要4アセットクラス(オフィス、物流施設、賃貸住宅、商業施設)を投資対象としている。

今回の出資募集には、大手機関投資家や金融機関、年金基金、事業会社などの幅広い投資家から募集額を大幅に上回る申し込みがあり、物件取得資金に加え、今後の投資枠をあわせた総額330億円の出資コミットメントを獲得した。

国内のオープンエンド型私募コアファンドでは数少ないコミットメント型での資金調達を実現したことで、優良物件の取得競争が激化する中、今後より機動的な資産取得が可能となる。

今回の出資コミットメント獲得と物件の新規取得について、ラサール不動産投資顧問の執行役員でLJPFのファンドマネージャーでもある森岡 亮太氏は、「コロナ禍中でも主要都市圏の物流施設と賃貸住宅は、引続き有望な投資機会の一つであると考えている。今回取得した8物件も、ポートフォリオの分散、ファンドの規模拡大に資する投資となった。今回の出資コミットメント獲得は、長期的なインカムを創出するコア不動産への投資家による需要の強さを表している。今回、330億円の出資コミットを獲得したことで、今回取得した8物件のほかに、今後400億円の物件取得が可能になる。LJPFでは、質の高い物件を厳選しながら積極的に投資を行い、早期の資産規模2000億円到達、2024年までに3000億円規模への拡大を目指している」とコメントした。

■ファンド概要
名称:ラサール・ジャパン・プロパティ・ファンド
ファンド類型:オープンエンド型 私募コアファンド
投資対象:主に4大都市圏(東京、大阪、名古屋、福岡)に立地するオフィス、物流施設、賃貸住宅、商業施設
運用開始日:2019年11月15日
運用資産規模:1650億円(11月16日現在)

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース