LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ゼンリン、伊那市/公共配送サービスをドローンで実現

2021年11月16日/IT・機器

ゼンリンと長野県伊那市は11月16日、2018年より「INAドローン アクア・スカイウェイ事業」として実証を重ね構築した、中山間地域における買い物支援をドローンで実現する新たな公共配送サービスを、開始した。

<ドローンで実現する新たな公共配送サービス>
20211116zenrin1 520x291 - ゼンリン、伊那市/公共配送サービスをドローンで実現

人口減少や少子高齢化の進行に伴い、中山間地域における買い物困難者が増加する中、伊那市とゼンリンは地域の住民や地元企業との連携、高精度な3D地図データの活用により、河川上空を「空の道」として整備することに成功した。狭隘な河川上空において、高度なコントロールによるドローンの安全かつ長距離の飛行を実現することで、ドローンによる日用品配送を常時可能とし、地元住民の買い物の利便性向上と、地域経済の更なる発展を目指す。

自治体運営によるドローン配送サービスの概要 (2020年8月よりサービス開始済)は、「1. 利用者は、ケーブルテレビの画面や電話で、商品を注文」(受付時間は午前11時まで)。配送元となるスーパーでは、連絡を受け次第、商品のピッキング作業を行う」。「2.サービス担当者がスーパーへ赴き、商品を引き取る」。「3.サービス担当者が、道の駅「南アルプスむら長谷」のドローンポートに到着。搬入作業を行い、ドローンによる商品の配送を開始」。「4.ドローンは空の道を利用し、利用者宅周辺の着陸地点へと向かう」。「5.着陸地点に到着次第、各地区のボランティアがドローンから商品を受け取り、利用者宅へと届ける」。

<配送エリアの拡大>
20211116zenrin2 520x409 - ゼンリン、伊那市/公共配送サービスをドローンで実現

また、10km以上の長距離飛行の実現により、新たに市野瀬、杉島の2つの地区でも、ドローン配送サービスを利用できることになった。

<ドローン飛行中 イメージ画像>
20211116zenrin3 520x293 - ゼンリン、伊那市/公共配送サービスをドローンで実現

■使用ドローン:「PD6B-Type3C」 ポイント
バッテリー型ドローンにおける、長距離飛行が可能な高水準モデルを採用
機体軽量化の実現を通し、飛行可能距離が従来の10kmから12kmへと20%増加
ボックスは着脱式を採用し、輸送商品の「サイズ」と、「温度管理」の問題を解決
積載可能量についても、最大30kg・推奨20kgを実現

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース