オープンアソシエイツ/ヤマト運輸のEC物流サービスと連携

2021年11月29日 

複数ECモール一元管理システム「Crossma」を運営するオープンアソシエイツは11月29日、ヤマト運輸が提供するEC事業者向けフルフィルメントサービスとの連携を開始したと発表した。

これにより「Crossma」では、これまでの「フルフィルメント by amazon」「OPENLOGI」との連携に加えて、ヤマト運輸が提供するEC向けフルフィルメントサービスとも連携、物流機能の拡張が可能になった。

ヤマト運輸が提供するEC向けフルフィルメントサービスは、ヤマトグループの倉庫を活用し、商品の保管から受注・梱包・出荷・配送まで全ての物流業務を提供するサービスで、「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」に出店しているEC事業者が利用できる。

Crossmaとフルフィルメントサービスを併用することで、注文が入った際に自動で発送までの業務が行われるほか、Crossmaの商品登録機能や在庫連動機能も活用できるようになる。

また、Crossmaとフルフィルメントサービスは「Yahoo!ショッピング」が定める「優良配送」の条件を満たすため、品質が高く安心でスピーディーな配送商品として、カスタマー満足度向上に寄与する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集