ゼンリンほか/離島・へき地を支える医療現場にドローン導入

2021年12月15日 
関連キーワード:

ゼンリン、オーイーシー、KDDI、大分県の4者は、2021年10月と12月の2度にわたり、大分県佐伯市で、遠隔診療システムとドローン配送を組み合わせた実証事業を実施した。

<オンライン診療・服薬指導、ドローン配送 実証実験イメージ図>
20211215zenrin1 520x243 - ゼンリンほか/離島・へき地を支える医療現場にドローン導入

<遠隔診療システム イメージ>
20211215zenrin2 520x267 - ゼンリンほか/離島・へき地を支える医療現場にドローン導入

実証では、ゼンリンが提供する地図プラットフォーム「ZENRIN Maps API」をベースにゼンリンとオーイーシーが開発した「遠隔診療システム」を用いた、離島と本島間でのオンライン診療・服薬指導から、KDDI の「スマートドローンプラットフォーム」を活用したドローンによる医薬品配送までのオペレーションを展開し、一元管理する検証を行った。

今後は実証結果の検証・分析を行い、離島やへき地での医療従事者の負担軽減や、地域住民の医療機会の増加につながる事業モデルの策定を進めることで、ドローンをはじめとする先端技術の活用を通じた地域課題解決を目指すとしている

なお、大分県では、地域が抱えるさまざまな課題の解決手段として、先端技術の活用を進めている。高齢化の進む離島やへき地では、医療への需要は高いもののリソースは限られており、適切な医療機会の提供が重要な課題。そこで、“離島・へき地を支える医療での先端技術の活用”をテーマに、4者は地元医療機関などと連携し、「オンラインによる診療・服薬指導」と「ドローンによる医薬品配送」などを組み合わせたサービス実証事業を行ったもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集