トヨタ自動車/1月は80万台、減産の影響から挽回生産へ

2021年12月15日 
関連キーワード:

トヨタ自動車は12月15日、2022年1月の生産計画は、これまでの減産による影響に対する挽回生産分を織り込み、グローバルで 80 万台レベル(2021年1月生産実績は約74万台)を予定していると発表した。

年度の生産見通しである900万台レベルは、引き続き維持していくとしている。

なお、8月以降、新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、関係者に様々な不便をかけていることを謝罪している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集