MESシッピング/特別清算開始命令

2021年12月28日 

帝国データバンクによると、MESシッピング(資本金4億7000万円、東京都中央区築地5-6-4、代表清算人松浦昌博氏)は、12月14日に東京地裁より特別清算開始命令を受けた。

同社は、1973年3月に設立。東証1部上場の三井E&Sホールディングス系列の同社船舶セグメントに属する連結子会社。

ドイツ・シンガポール・アメリカ等の海外船会社向け船舶貸渡業を主力事業に、過去には親会社を含めたグループ会社に対する無線機・鋳鋼品等の船舶用機器・部品の販売も手がけていた。主力の船舶貸渡業は、100%出資の海外子会社が所有する10隻内外の船舶収入を基盤に、2011年12月期(その後決算期変更)には年収入高約53億1800万円を計上していた。

しかし、過去の損失により財務内容は債務超過が続き、2021年3月期の債務超過額は約38億1558万円にまで拡大していた。親会社によるグループ事業の見直しを進めるなか、2021年10月28日株主総会の決議により解散していた。

負債は2021年3月期末時点で約66億200万円。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集