名港海運/愛知県飛島村に勤務の従業員が新型コロナ感染

2022年01月06日 

名港海運は1月5日、愛知県海部郡飛島村に勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

従業員は保健所の指示に従い、現在医療機関にて療養中。なお、濃厚接触者については、保健所からの連絡待ちのため現時点では不明だが、社内調査において、この従業員と接触があった従業員1名については、自宅待機とし、その健康状態の経過観察を行っている。

また、顧客と従業員の安全を最優先に考え、感染拡大を防止するため、拠点内および設備の消毒作業を実施している。

名港海運グループでは、出社前の検温、手洗い・消毒の徹底、時差出勤や在宅テレワーク、WEB会議システムの活用等、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組みを実施している。引き続き取引先および従業員の健康と安全を最優先に考慮し、適切な対応を実施していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集