LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船ほか/「洋上風力発電の低コスト化プロジェクト」採択

2022年01月21日/IT・機器

川崎汽船と川崎近海汽船の合弁会社であるケイライン・ウインド・サービスは1月21日、ジャパン マリンユナイテッド、日本シップヤード、東亜建設工業の3社と共に、この度、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募したグリーンイノベーション基金事業「洋上風力発電の低コスト化プロジェクト」に共同で応募し、採択されたと発表した。

<浮体式洋上風車 / 画像提供:ジャパンマリンユナイテッド>
20220121kawasaki2 - 川崎汽船ほか/「洋上風力発電の低コスト化プロジェクト」採択

各社の役割は、ジャパン マリンユナイテッドは、浮体基礎の開発・製造及び浮体式洋上風力発電のEPCI、日本シップヤードは浮体基礎の設計検討及び洋上風力作業船の設計検討、ケイライン・ウインド・サービスは、施工技術開発(風車浮体設置)、東亜建設工業は施工技術開発(風車搭載)となる。

<川崎汽船グループが運航するオフショア支援船“あかつき”>
20220121kawasaki1 - 川崎汽船ほか/「洋上風力発電の低コスト化プロジェクト」採択

ケイライン・ウインド・サービスは、川崎汽船グループが運航してきたオフショア支援船と、その運航ノウハウを活用することで、風車浮体の効率的な設置(係留施工)方法を確立すると共に、洋上風力発電向けの最適船型の開発を進めることで、浮体式洋上風力発電の発展に貢献していくとしている。

政府は2050年カーボンニュートラル実現に向け、再生可能エネルギーを最大限導入する方針を打ち出しているが、特に、洋上風力発電は、大量導入やコスト低減が可能であるとともに経済波及効果が期待されることから、再生可能エネルギーの主力電源化に向けた切り札と考えられている。

遠浅海域の少ない日本においては、深い海域でも導入余地が大きい浮体式風力発電への期待が高まっているが、その普及にあたっては技術開発を通じた量産化及びコストの大幅低減が必須となる。

そのような背景を受け、共同プロジェクト「浮体式洋上風力発電の量産化及び低コスト化」では、浮体基礎・係留システム・海上工事(風車浮体設置及び風車搭載)のEPCI(設計・調達・製造・据付)全体で量産化及び低コスト化を実現することを目指し、以上の各社役割のもと共同で研究開発を実施する。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース