LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

パナソニック/輸配送効率化ウェビナー、2月4~25日まで配信

2022年02月03日/セミナー

パナソニックシステムソリューションズジャパンは2月4~25日にかけて、「輸配送効率化ウェビナー」をオンデマンド配信する。

<「マルチデバイス動態管理サービス」概要>
20220203pana 520x337 - パナソニック/輸配送効率化ウェビナー、2月4~25日まで配信

ウェビナーでは、同社の提供する「マルチデバイス動態管理サービス」について、同サービスを用いた計画立案から予実の管理、実績を反映した最適計画を作成する運用サイクルの実現まで、3本の動画で事例の紹介やデモンストレーションを交えながら詳しく紹介する。

マルチデバイス動態管理サービスは、「荷主」「運送会社」「お届け先」の輸配送業務を支援するクラウドサービス。

ドライバーは、スマートフォンからクラウドサーバーにアクセスし、配送計画の作成、配送状況の登録、納品先での検品作業などが実行できる。一方、管理者はPCからリアルタイムに配送状況を確認し、顧客からの問合せにも迅速に到着予測時間を伝えることができる。

また、同サービスで取得・蓄積された実績を配送計画作成システムへ連携することで、より最適な配送計画を作成できるようになる。

<<セミナーの詳細・申込はこちらから>>

■セミナー概要
形式:オンデマンド配信
配信期間:2月4日(金)9:00~2月25日(金)17:00

「セミナーで視聴できる動画(3本)」
●環境変化へ柔軟に対応できる輸配送サービスとは?(2021年1月配信分)
これからの物流でのDX第一歩をどのように踏み出すべきか、求められている現場の声をもとに社内外の情報連携の観点から、パナソニックが開発した新サービスについて、デモを交えて紹介。

登壇者:光英システム 代表取締役専務 萩原 恭太郎氏
PSSJ 開発責任者 大賀 史郎氏

●マルチデバイス動態管理サービスで実現する輸配送最適化DX(2021年6月配信分)
パナソニックグループの長年の実績から作り上げた、専用端末不要で 配送計画取得~動態管理~データ分析までワンストップで提供できるプラットフォームを 、デモンストレーションを交えながら詳しく紹介 。

●最適配送に向けたPDCAサイクルの確立(2021年10月配信分)
配送計画と動態管理を用いて、計画の立案から予実の管理、実績を反映した最適計画を作成する運用サイクルの実現について 、事例の紹介とデモンストレーションを交えながら詳しく紹介。

<<マルチデバイス動態管理サービスの詳細はこちら>>

関連記事

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース