LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SBSHD/12月期の売上高56.9%増、営業利益88.9%増

2022年02月10日/決算

SBSホールディングスが2月10日に発表した2021年12月期決算によると、売上高4034億8500万円(前年同期比56.9%増)、営業利益207億600万円(88.9%増)、経常利益204億8900万円(88.3%増)、親会社に帰属する当期純利益107億9000万円(58.1%増)となった。

同期は、物流事業と不動産事業が堅調だったことに加え、SBS東芝ロジスティクスを筆頭に東洋運輸倉庫、旭新運輸開発、日ノ丸急送、ジャス、SBS古河物流の新規連結によって増収増益となった。売上高・営業利益ともに4期連続で過去最高を更新している。

物流事業は、グループ会社の新規連結に加え、コロナ禍で落ち込んだ企業間物流の回復、即日配送事業でのEC需要の取り込みやネットスーパー等での需要拡大により、全体として堅調に推移。売上高は3783億3500万円(57.1%増)、営業利益は155億4600万円(159.5%増)となった。

不動産事業では、南港物流センター(大阪市)の信託受益権の譲渡益が前期の物流不動産流動化の実績を上回り、売上高が170億4300万円(82.3%増)、営業利益が63億3300万円(39.0%増)となった。

次期は、売上高4300億円(6.6%増)、営業利益215億円(3.8%増)、経常利益206億円(0.5%増)、親会社に帰属する当期純利益117億円(8.4%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース