LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/GLPがPERE Global Awards の4部門で受賞

2022年03月04日/物流施設

日本GLPは3月4日、GLPがPrivate Equity Real Estate(PERE)が主催する2021年PERE Global Awardsの4部門において受賞したと発表した。

受賞部門は、「ESG Firm of the Year」(アジア)、「Logistics Investor of the Year」(グローバル)、「Logistics Investor of the Year」(ヨーロッパ)、「Logistics Investor of the Year」(アジア)の4部門。

また、GLPの戦略的パートナーであるIndoSpace社とM3 Capital Partners社も、それぞれ「Firm of the Year(インド)」と「Capital Advisory Firm of The Year(アジア)」に選ばれた。

GLPのミン・メイ共同創業者で最高経営責任者は「PERE Global Awardsはこの業界で最大かつ最も権威のある賞であり、今回の受賞は光栄であると同時に、チームの努力の証でもある。私たちは彼らの功績をこれ以上ないほど誇りに思うとともに、大切な投資家やビジネスパートナーとともにこれらの受賞を祝いたいと思う」と述べている。

GLPは2021年に重要なマイルストーンを達成した。それは、「国連が支援する「責任投資原則(PRI)」の署名企業になる」、「グローバルESGポリシーの拡大とESGデューデリジェンスの強化」、「記録的な資金調達の年となり、136億米ドルを超える自己資本を調達」、「2021年にさまざまな地域や戦略にわたって6つの物流ファンドを新たに設立し、19の機関投資家と新たな関係を構築」、「中国、日本、欧州でデータセンター用地を確保し、デジタルインフラ業界の成長機会を捉える」、「グローバルでの太陽光発電容量を85%以上増の415メガワットに拡大し、再生可能エネルギーのポートフォリオを風力発電や蓄電システムなどに拡大するため新たなパートナーシップを確立」だった。

なお、PEREは、世界のプライベート不動産市場向けの主要な媒体。年に一度のPERE Global Awardsは、プライベート・エクイティ不動産業界の投資家、同業者、購読者が参加する厳正なノミネートとグローバルな投票プロセスによって受賞者が決定する。各賞の受賞者は、高度に管理された投票システムを通じて業界関係者によって決定され、GLPは2012年以来毎年賞を受賞している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース