LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ZMP/EC倉庫の仕分け~梱包を完全自動化

2022年03月15日/IT・機器

ZMPは3月15日、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」が、タクテックの仕分け兼検品ソリューション「GAS(ガス:ゲート・アソート・システム)」および自動梱包・送り状貼付ソリューション「PaLS(パルス:パッキング&ラベリングシステム)」と連携したと発表した。

<CarriRoとGAS・PaLSを活用した出荷作業の運用イメージ>
20220315zmp 520x379 - ZMP/EC倉庫の仕分け~梱包を完全自動化

連携ソリューションを活用することで、仕分けから梱包作業までの完全な自動搬送が実現する。

具体的には、それぞれのピッキングエリアから集めた商品を巡回するCarriRoに載せ、GASまで搬送。その後、GASで仕分けられた商品をCarriRoで自動梱包ラインまで搬送。PaLSで梱包された商品をカゴ台車に乗せ、CarriRoが出荷バースまで搬送する。

<GAS>
20220315zmp1 520x373 - ZMP/EC倉庫の仕分け~梱包を完全自動化

タクテックのGASは、1時間に600~1200ピースを仕分け兼検品できるソリューション。1ユニットに50間口あった場合、50間口分を1バッチとしてまとめてピッキング(トータルピッキング)することで、シングルオーダーピッキングと比較してピッキング効率を向上できるとともに、トータルピッキングで発生する仕分け工程を迅速かつ間違えずに検品を兼ねて行うことができる。

<PaLS>
20220315zmp2 520x342 - ZMP/EC倉庫の仕分け~梱包を完全自動化

また、PaLSは1時間に720個程度、ランダムサイズの段ボールを梱包し、中身とズレずに送り状を貼り付けるソリューション。納品書と送り状を一致させるために必要だった段ボールの外側に貼り付ける「管理ラベル」無しでズレない仕組みを構築しており、全体の機長が5~6m程度で従来機の半分程度とコンパクトなこと、厚さ2cmからの薄型段ボールに対応したラインナップがあることが特徴。

ZMPとタクテックは今後も連携し、倉庫内作業の自動化・効率化・省人化を実現するサービスを随時提供していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース