LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ナビタイム/任意のテキストを発話できる機能を提供開始

2022年03月28日/IT・機器

ナビタイムジャパンは3月28日、ナビゲーションアプリ開発キット「NAVITIME SDK」で、ナビゲーションの音声案内の発話とは別に、顧客側で発話させたい任意のテキストを発話する機能を同日より提供開始したと発表した。

<任意のテキストを発話できる「NAVITIME SDK」>
20220328navitimejapan 520x273 - ナビタイム/任意のテキストを発話できる機能を提供開始

「NAVITIME SDK」は、ナビタイムジャパンが提供する地図表示機能や目的地までのルート検索、音声ナビゲーション機能をSDK(Software Development Kit)として提供する、法人向けサービス。車、バイク、自転車のナビゲーションに対応しており、短期間でカーナビの基本機能を搭載したサービスや、ナビゲーション機能を備えた業務システムの開発などが可能。

この対応では、ナビゲーション中の音声案内と同じ声で、任意の内容を発話させることができる。例えば、業務用のカーナビでは「1時間運転しています。休憩を取りましょう」や「再配達依頼がきました」、宅配サービス向けの自転車やバイクのナビでは、「周辺地域に新規の配達依頼が入りました」や「最寄りの配達依頼地点まで2kmです」のように、運転に必要なルート案内以外の内容を入れることができる。

ナビゲーション機能のSDK内で実装できるので、ルート案内の音声を遮ることなく違和感のない同じ声で発話させることが可能。また、ルート案内以外の内容の発話機能を別に開発する必要もないため、開発工数や開発費用を抑えることもできる。

この機能は、顧客からの「ナビゲーション利用中に、業務に必要な内容や案内を、自由に発話させたい」という要望を得て、開発したもの。

エンドユーザー向けのナビゲーションサービスで、オリジナルの発話をさせて差別化をはかったり、タクシー業界や物流業界などでは、ドライバーに向けて、休憩を促すなどの業務上アナウンスしたい内容を発話させることで、長時間労働の改善など、安全運転と業務改善の支援につながればとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース