LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

霞ヶ関キャピタル/宮城県仙台市に物流開発用地1.8万m2取得

2022年03月31日/物流施設

PR記事

霞ヶ関キャピタルは3月30日、宮城県仙台市で物流施設開発用地を取得したと発表した。

同社は、ECの拡大や2030年のフロン規制、冷凍食品の消費増加等により需要が拡大している物流施設の開発を行っている。この度、同社の物流施設ブランド「LOGI FLAG」の開発用地として、新たに販売用不動産の取得を決定したもの。

この物流施設開発用地は、最大4テナントに賃貸可能なマルチテナント型倉庫を開発する予定であり、冷凍・チルド・ドライの3温度帯に対応予定となる。

■概要
物件所在地:宮城県仙台市
予定用途:物流施設(3温度帯)
敷地面積:約1万8000m2

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース