LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

3CF&Co./荷主と大手フォワーダーのマッチングPFに日新が参画

2022年04月12日/IT・機器

PR記事

国際物流スタートアップの3CF&Co.(スリーシーエフアンドシーオー、東京都世田谷区)は4月12日、同社の荷主企業と大手フォワーダーとのマッチングプラットホーム(PF)「LOGI-CONEX」(ロジコネックス)」に、日新が参画し協業を開始したと発表した。

同社は「LOGI-CONEX」で、これまでジャパントラストや三菱倉庫などの大手フォワーダーと協業体制を構築しており、今回、日新が協業パートナーで新たに加わった。

協業パートナーは、グローバルネットワークと豊富な輸送実績を持つため、輸送条件にかかわらず、安定した輸送品質で荷主企業の輸出・輸入・三国間取引ニーズに応えることが可能なことに加え、荷主企業に競争力のある物流コストを提供できるという。

<「LOGI-CONEX」のサンプル画面>
04113cf2 - 3CF&Co./荷主と大手フォワーダーのマッチングPFに日新が参画
「LOGI-CONEX」(ロジコネックス)」は、「大手フォワーダーの相見積りの取得」「フォワーダ―への発注・輸送手配指示」といった機能を用意する。

相見積りの取得の機能は、船社ごと、フォワーダーごとに見積り内容を比較・選定し、適切な物流コストで協業フォワーダーの強みを生かした最適な輸送手配を行うことができるという。

発注・輸送手配指示では、協業フォワーダーと輸送手配業務の標準化やデジタル化を進めており、社内の部署を始め、支店や工場、海外法人などで分散して行われていた業務の一元管理やコスト管理が可能になるとしている。

今後は、世界の大手船社9社を含む船社とデータ連携して行う船積予約業務の電子化、大手船社とのデータ連携の実装による輸送ステータス情報の可視化サービスといった機能の提供も予定している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース