LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマトHD/3月期の売上高5.8%増、営業利益16.2%減

2022年05月10日/決算

ヤマトホールディングスが5月10日に発表した2022年3月期決算によると、売上高1兆7936億1800万円(前年同期比5.8%増)、営業利益771億9900万円(16.2%減)、経常利益843億3000万円(10.3%減)、親会社に帰属する当期利益559億5600万円(1.3%減)となった。

売上高は1兆7936億1800万円となり、前連結会計年度に比べ977億5000万円の増収となった。これは、成長が加速するEC領域への対応により荷物の取扱数量が増加したことや、顧客の物流最適化に注力したことによるもの。

営業費用は1兆7164億1800万円となり、前連結会計年度に比べ1126億7200万円増加した。これは、燃料単価が上昇傾向にあることに加え、拡大するECの需要に対応するために構築しているEC物流ネットワークと既存ネットワークにおけるオペレーションの適正化を進める途上にあることなど、中期経営計画「Oneヤマト2023」の推進に伴う費用が増加したことによるもの。

栗栖利蔵副社長は『Oneヤマト2023』初年度について「分散していたリソースを統合でき、顧客に向き合う構造改革が図れたものと思う。まだまだ満足できるものではないが、Oneヤマトの意識を持つこと、顧客に沿った営業ができたものと思っている」と感想を述べた。

次期は、売上高1兆8200億円(1.5%増)、営業利益910億円(17.9%増)、経常利益910億円(7.9%増)、親会社に帰属する当期利益570億円(1.9%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース