LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NX中国/カスピ海を経由する新複合輸送サービスを開始

2022年05月11日/国際

NIPPON EXPRESS ホールディングスのグループ会社、NX国際物流(中国)は、中国各地から欧州向けに、カスピ海を経由する新たな複合輸送サービスを4月1日から開始したと発表した。

<中国発欧州向け、カスピ海経由サービスルート図>
20220511nx 520x236 - NX中国/カスピ海を経由する新複合輸送サービスを開始

このサービスは、中国各地からカザフスタン・アクタウまで鉄道で輸送し、アクタウからは船舶を利用しアゼルバイジャン・バクーまでカスピ海を海上輸送する。バクーからトルコ・イスタンブールまで鉄道で輸送後、EU側の鉄道、またはトラックに積み替え欧州各地へ繋ぐ複合輸送サービス。

リードタイム(例)は、西安からデュイスブルクまでおよそ50~55日。サービス頻度は週1便。欧州向け海上輸送や鉄道輸送(中欧班列)に加え、新たなBCP用輸送モードとして利用できる。

新型コロナウイルス感染拡大により中国では、上海市でロックダウンが長引き、空港・港湾の混雑に加え、上海市外を結ぶ華東エリアのトラック輸送が困難な状況が続くなど物流に大きな影響がでている。

NX中国は、顧客のサプライチェーンを維持するため、現状の中欧班列を利用した鉄道サービスのほか、混雑する上海港や浦東空港を回避し、中国国内の鉄道輸送と、海上輸送を組み合わせた複合輸送サービス、2ルート(1.北ルート/青島・連雲港利用、2.南ルート/寧波・温州港利用)を開発しサービス提供していく。

今回、この複合輸送サービスに加え、中国から欧州向けに、カザフスタンを経由し欧州各地へ輸送する「カスピ海ルート」を開発した。このサービスは、ロシアを経由しない欧州向けのBCP用輸送モードとして利用できる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース