LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船/船舶向けアンモニア燃料供給コンソーシアムに加入

2022年05月13日/3PL・物流企業

PR記事

A.P. Moller – Maersk A/S、Fleet Management Limited、Keppel Offshore & Marine、Maersk Mc-Kinney Moller Center for Zero Carbon Shipping、住友商事、American Bureau of Shipping(ABS)によるシンガポールにおける船舶向けアンモニア燃料供給の実現に向けたコンソーシアムに、新たなメンバーとして川崎汽船、シンガポール海事港湾庁(MPA)が 2022年4月に加入し、このほど共同検討の加速に向けた覚書を締結した。

今後、このコンソーシアムのメンバーを中心に、2020年代後半からの船舶向けアンモニア燃料供給の実現を目標として、より具体的な検討・準備を進めていく。また、このコンソーシアムは、2022年5月6日に事業開発の一環として、ABSよりアンモニア燃料供給船の設計基本承認(Approval in Principle、「AiP」)を取得した。

また、このコンソーシアムは、2021年3月よりシンガポールでの船舶向けアンモニア燃料供給の事業化に向けた検討を共同で開始した。1年間の共同検討を通して、アンモニア調達地候補の特定、アンモニア輸送船や貯蔵タンク等のインフラ調査、またアンモニア燃料供給船の基本設計、それらコストの概算見積もりなどを行った。今般、新たなメンバーとして加入した川崎汽船、MPAの協力の下、アンモニアのサプライチェーンの詳細検討およびライフサイクルアセスメント、船舶向けアンモニア燃料供給の安全性評価、オペレーション・ガイドラインの策定に向けた活動を行う。

コンソーシアムは引き続き海事関係者やシンガポール関係省庁と協力し、国際海運の重要拠点の一つであるシンガポールにおいて、世界に先駆けたアンモニア燃料供給の実現を通じ、海運業界の脱炭素化への貢献を目指す。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース