LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

鈴与ほか/地域資源の保全目指す「一社一村しずおか運動」の認定受ける

2022年06月06日/CSR

鈴与は6月6日、静岡県が推進し、協働で地域資源の保全を目指す「一社一村しずおか運動」に、せんがまち棚田倶楽部、グローカルデザインスクールの2者とともに認定された。

「一社一村しずおか運動」とは、持続可能な農山村を目指し、継続的に地域・企業(県民)が協働して地域資源を守る活動の認定制度。静岡県が2006年に開始した。

従来、地域と企業の2者間での認定が一般的だが、同社はグローカルデザインスクールが運営するコミュニティスクールの小中学生や地域の人々とともに、せんがまち棚田での活動を実施。このほど、同制度の第50号として、3者間での認定となった。

<右から、せんがまち棚田倶楽部 山本理事長、菊川市の長谷川市長、グローカルデザインスクール 大竹社長、鈴与 経営企画室 岡嶋室長、静岡県経済産業部 好田課長>
20220606Suzuyo 520x328 - 鈴与ほか/地域資源の保全目指す「一社一村しずおか運動」の認定受ける

同認定式は、5月28日にせんがまち棚田で開催され、棚田のオーナー・菊川市長・議員など270名の立ち会いのもと、静岡県経済産業部農地保全課の好田課長から3者に認定書が授与された。

同社は、経営の拠り所とする「共生(ともいき)」の考えに基づき、地域社会への貢献と地方創生をテーマに、耕作放棄地を活用した酒米栽培並びに日本酒の醸造を行うプロジェクトを、2018年に茨城県牛久市で開始。静岡県菊川市のせんがまち棚田においても、2019年から活動を実施している。

今後も同社は、2者とともに青少年の健全な育成支援、自然遺産の保全強化等に取り組み、棚田の保全・地域活性を通じた豊かな未来の実現に向け貢献していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース