LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ソラコム/モビリティIoTからはじまる物流DXを事例で紹介

2022年06月24日/セミナー

ソラコムは7月6・7日の2日間、参加無料のオンラインイベント「SORACOM Discovery 2022 ONLINE ~Internet of Everywhere~」を開催する。

20220624soracom 520x433 - ソラコム/モビリティIoTからはじまる物流DXを事例で紹介

デジタル化によってビジネスの課題を解決し、新たな価値を作り出す「DX」。物流業界にも、DXの波が押し寄せている。

IoTは、移動体や荷物など移動するモノをトラッキングし、データ化する技術だ。同イベント「SORACOM Discovery 2022 Online」では、ゲスト企業を招き、現場で取り組んでいる「実践DX」事例の数々を紹介する。

DXに取り組む方はもちろん、これから情報収集される方にも、事例と技術を学べる機会となっている。

■主なセッション
●7月6日 14:30~15:00
【特別講演】アイディアを事業に ダンロップ「タイヤ空気圧・温度管理サービス」への取り組み

住友ゴム工業のタイヤ事業(ダンロップ)では、乗用車向けにタイヤ空気圧や温度をリモート監視する『タイヤ空気圧・温度管理サービス』の提供を開始した。本セッションでは、プロジェクト立ち上げと事業化までの道のり、空気圧センサー(TPMS)やテレマティクス機材、クラウドの活用、今後の展開を語ってもらう。

<スピーカー>住友ゴム工業 タイヤ国内リプレイス営業本部 ソリューション営業部 寺本雅紀氏

●7月7日 15:30~16:00
【特別講演】商品補充を予測し最適化 ~600に聞く、自販機オペレーション最適化の勘所~

小売業の売り上げに大きく影響する「商品の補充」。需要予測や配送ルートの最適化などの取り組みが急速に進んでいる。600は、自動販売機において、キャッシュレス決済、オンライン検量、さらにルートオペレーションを、AIによって最適化。本セッションでは、SCMにおける課題と、解決アプローチ、IoT活用のポイントを説明する。

<スピーカー>600 代表取締役 久保 渓氏

●7月7日 16:15~17:05
【特別講演】サーキット発!トヨタコネクテッドのモビリティIoT、実証実験の歩みとこれから

昨今、開発のアジリティ(俊敏性)を高め、短期間で開発し、実際に試し、顧客のフィードバックを受け、進めていくサービス開発スタイルが拡がりつつある。本セッションでは自動車レース「SUPER FORMULA」での、振動、スピードなど過酷な環境下でのデータ活用プロジェクト実証実験から始まったモビリティプラットフォームの取り組み、車載CANデータ活用への挑戦など、トヨタコネクテッドの取り組みを紹介する。

<スピーカー>トヨタコネクティッド 専務取締役 藤原 靖久氏

このほか、2日間計30超のセッションを開催、40社・50名を超えるゲストが登壇する。

■開催概要
日時:7月6日(水)~7日(木)10:00~18:30
会場:オンライン
申込:事前登録制
参加費:無料
主催:ソラコム

<<イベントの詳細・申込はこちらから>>

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース