LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコー/AIを活用した物流センターの最適化と効率化へ

2022年06月29日/IT・機器

センコーと三菱商事及び日本電信電話の共同出資会社であるインダストリー・ワンは6月29日、センコーが運営する物流センターの入出荷データ等を活用して構築したAI需要予測モデル実証の結果、余剰在庫の削減及び欠品率低減による戦略的な在庫管理と発注業務効率化に関する一定の効果を確認したと発表した。

<実証実験の流れ>
20220629senko 520x198 - センコー/AIを活用した物流センターの最適化と効率化へ

この実証結果を踏まえて今後、センコーとインダストリー・ワンは、センコーの小売、卸売、製造業などの取引先への展開により、さらに予測レベルの高度化を推進することで、人手不足や過剰在庫等の業界課題の解決、フードロスやCO2排出量削減等による社会課題の解決にも貢献していくとしている。

実証実験の概要は、対象がセンコーが運営する物流センターの食品カテゴリ商品。期間は、2021年12月から2022年3月まで、内容は、AI需要予測モデルによる推奨発注数の自動提案による、在庫削減及び欠品率低減に関する効果試算。結果は、欠品率を現行水準としながら、最大2割の在庫削減を実現(発注頻度が週1回以上・出荷量が上位50%以上の商品)となった。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース