LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/10年先取り、2040年までにネットゼロ達成を宣言

2022年06月29日/CSR

プロロジスは6月29日、2040年までにバリューチェーン全体で温室効果ガス排出のネットゼロ達成を宣言した。

また、2021~2022年版のESGレポートを公開した。

プロロジスは、長年に渡ってサステナビリティに関する取り組みを続けており、ネットゼロの目標もその一環である。カスタマーのサステナビリティに関する目標達成のサポートを含めて、事業運営における温室効果ガス削減のための革新的な方法を模索し続けている。

また、スコープ1・スコープ2については、2019年からすでにカーボンニュートラルを達成している。2040年の目標はスコープ1・2・3を対象とし、「2025年までに、1GW の太陽光発電キャパシティ(蓄電分を含む)」「2025年までに、建築・開発をカーボンニュートラルに」「2030年までに、事業運営においてネットゼロに」等の中間目標を含む。

プロロジスは、目標設定の妥当性検証のために SBTiに対して書類提出済みである。また、サステナブルな建築資材への革新を含めて、業界のバリューチェーン全体での温室効果ガス削減推進のため、外部団体とも連携していく。

そして、カスタマーの環境目標達成のためにも緊密に連携。運営中物流施設においてEV(電気自動車)充電や太陽光発電を含む、付加価値のあるエネルギー関連事業を展開しており、2022年4月時点で 200のEV充電ステーション、325MWの屋上太陽光発電を運営中である。世界で約9300万m2におよぶ運営中物流施設のポートフォリオを活用し、カスタマーとともに、エネルギーや気候変動の先進的なソリューションを開発・導入している。このような取り組みによって、パリ協定で設定された目標を10年先取りして達成できる見通しだ。

また、2021~2022年のESGレポートでは、ESGの目標に対する進捗を報告している。

それによると、2018年に、SBTiが排出削減目標を認定した初の物流REITである。2018~2021年の間に16のグリーンボンドを発行し、クレジットライン(与信枠)もサステナビリティの指標に基づいている。2022年の4月30日までに、325MWの太陽光発電キャパシティを達成。

また、ポートフォリオの57%でLED照明を導入完了。従業員のエンゲージメントスコアが88%を達成(金融サービスセクター平均比で12ポイント上方)。ボーナス支給要件の中で、ESGの達成度合いの要件を単独化し、現在は他のコアビジネスとほぼ同程度の10%に相当。

さらに、2016年以来、物流DXを加速させるスタートアップ企業に投資する「Prologis Ventures」を通して、40企業に対して1億5000万ドル(約199億5000万円)を投資。ESGやサステナビリティに焦点を当てた革新的事業もあり、食品配送でのフードロスの削減や、配送における温室効果ガス排出量の計算ソフトウェア、職場の安全性や生産性向上などへの投資を行った、としている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース