LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

PALTAC、薬王堂/返品の配送トラック、5年で10t車11台削減

2022年07月11日/SCM・経営

PALTACと薬王堂は7月11日、ベンダー7社、メーカー58社の協力を得て実施した「返品削減及び在庫偏重解消による販売機会ロス削減」の取り組みが、「サプライチェーン イノベーション大賞2022」の「優秀賞」を受賞したと発表した。

<「店舗間の商品移動」の全体像(作業・配送面)>
20220711paltac2 520x258 - PALTAC、薬王堂/返品の配送トラック、5年で10t車11台削減

<「店舗間の商品移動」導入による返品業務の流れの変化>
20220711paltac 520x261 - PALTAC、薬王堂/返品の配送トラック、5年で10t車11台削減

<「店舗間の商品移動」による返品削減イメージ>
20220711paltac1 520x257 - PALTAC、薬王堂/返品の配送トラック、5年で10t車11台削減

同取り組みでは、需要予測アルゴリズムなどのデジタル技術を活用した「店舗間の商品移動システム」を共同開発し、店舗間の商品移動に要する作業量・時間を従来の6分の1と大幅に軽減することで、商品の適時・適量の店舗間移動を実現した。

併せて、帰り便や通常納品トラックを活用するなど、配送を既存の流通フローに組み込むことで追加負担が発生しない仕組みを構築し、返品の30%削減と在庫偏重に伴う販売機会ロス削減による売上拡大を同時に実現した。

また、返品に伴うコスト削減だけではなく、返品のための配送トラックの削減(2017~2021年までの5年間で10トン車11台分に相当)によるCO2排出量の削減やホワイト物流の推進、返品による廃棄物削減など、SDGs等の課題解決にもつながる取り組みとなった。

「サプライチェーン イノベーション大賞」は、経済産業省が事務局を務める製・配・販連携協議会がサプライチェーン全体の最適化に向け、製・配・販各層の協力の下で優れた取り組みを行い、業界を牽引した事業者に対しその功績を表彰するもの。PALTACは今回で3年連続の受賞となった。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース