PALTAC/3社協働取組みにサプライチェーン イノベーション大賞

2020年07月06日 

PALTACと薬王堂、ユニ・チャームの3社は、協働で実施した、業界初となる「キャリーを活用した一貫ユニットロード化」の取組みを評価され製・配・販連携協議会から「サプライチェーン イノベーション大賞 2020」の「大賞」を受賞したと発表した。

<サプライチェーン全体による3社の取組み>
サプライチェーン全体による3社の取組み

業界では、流通過程(メーカー(製)→中間流通・卸(配)→小売業(販))において、商品の移動にパレットやカゴ車、キャリーなど異なる種類の什器を使用するのが通例となっている。

この取組みは、製・配・販の相互協力により、異なる種類の什器に代えて一貫して「キャリー」を活用することにより、配送効率化とともに、流通過程の各所で発生していた積替えなどの作業回数を減らし、作業者・ドライバーの負担軽減と労働時間の減少(従来比 約 60%減)を実現し、サプライチェーン全体の最適化・効率化を図ることができたもの。

また同時に、働き方改革やホワイト物流の推進などにも繋がり、持続可能な社会に向けた、SDGsの達成にも貢献していると考えている。

なお、この賞は、経済産業省が事務局を務める製・配・販連携協議会が、国内でのサプライチェーン全体の最適化に向け、製・配・販各分野の協力の下で優れた取組みを行い、業界を牽引した事業者に対しその功績を表彰するもの。

最新ニュース

物流用語集