LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

PALTAC、薬王堂/協働して非食品・食品で一括物流を開始

2022年01月31日/SCM・経営

PALTACと薬王堂は1月31日、サプライチェーン全体のさらなる最適化・効率化を目指し、これまで非食品部門と食品部門において別々で行っていた物流(物流センターでの荷受け・保管・出荷、店舗への配送)を 2024年9月から協働して一括で行うことにしたと発表した。

<取組みのイメージ図>
20220121paltac 520x283 - PALTAC、薬王堂/協働して非食品・食品で一括物流を開始

食品物流をPALTACが担うことは、化粧品・日用品、一般用医薬品(非食品)の中間流通を担う薬王堂にとって新たな事業エリアへの挑戦となる。

PALTACと薬王堂が属するサプライチェーンは、人手不足に端を発する配送費・人件費の高騰といった経済的課題、働き方改革・ホワイト物流・二酸化炭素排出量の削減といった社会的課題など様々な課題に直面している。現在、PALTACと他企業が別々で受託している薬王堂の非食品部門及び食品部門の物流をPALTACが南東北エリアにおいて一括して受託し、これらの課題を同時に解決することを目指す。

一括物流の対象となる食品は、非食品部門との「管理、出荷、配送」での親和性と生産性を踏まえ、飲料や菓子など温度管理が不要な常温食品から取組む。これらを一括して納品することにより、配送に要する人手やトラック台数は2~3割減少し、配送費の削減やホワイト物流の推進などにつながる。また、配送回数の減少に伴い、店舗での荷受け回数が減少することに加えて、現在、非食品で行っているカテゴリ納品を食品にも導入することで、陳列作業が軽減され、働き方改革にもつながると考えている。

一括物流の開始にあたり、PALTACは物量増加に対応するため、既存の物流センターであるRDC宮城を増設し、年間出荷能力を350億円から550億円まで拡大させる。出荷能力拡大によりセンター運営に余裕を持たせることで、一括物流の拠点として活用するとともに、既存の物流においても他センターへの商品移動量を削減し、配送の効率をさらに高めていく。

PALTACと薬王堂は、サプライチェーン全体の最適化・効率化が持続可能な社会の構築につながるとの考えを共有し、過去から協働で取組みを進めている。2020年7月には、『キャリーを活用した一貫ユニットロード化』の取組みにおいて「サプライチェーンイノベーション大賞」の「大賞」を受賞。この取組みも、この考えに沿ったものであり、サステナブルな社会の実現・両社の持続的成長に向けて着実に歩みを進めていくとしている。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース