LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ハマキョウレックス/4~6月の売上高6.3%増、営業利益0.9%減

2022年07月28日/決算

ハマキョウレックスが7月28日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高325億4700万円(前年同期比6.3%増)、営業利益28億8800万円(0.9%減)、経常利益31億7200万円(3.3%増)、親会社に帰属する四半期純利益19億5800万円(8.8%増)となった。

物流センター事業の売上高は203億5600万円(8.5%増)、営業利益は25億3600万円(6.1%増)。物流センター運営の充実と前連結会計年度および当連結会計年度に受託した新規センターが順次業績に寄与したこと、また、東日本急行を子会社化したことで増収増益を確保した。

同期は、4社の物流センター運営を新たに受託。稼働状況は前期に受託した2社を含めた6社すべてが稼働している。物流センターの総数は152センターとなった。

貨物自動車運送事業の売上高は121億9000万円(2.9%増)、営業利益は3億5000万円(33.0%減)。2021年10月に大一運送、2022年2月に中神運送を子会社化したことで増収となったが、利益面では外注費増加の影響等で減益となった。

今後は、新規案件の獲得やグループ内での取引拡大を進め、物量の増加に努めるとともに、管理強化による輸送コストの抑制に取り組み、収益の確保に努めるとしている。

通期は、売上高1320億円(5.5%増)、営業利益119億円(7.1%増)、経常利益124億円(3.7%増)、親会社に帰属する当期純利益73億円(2.6%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース